FC2ブログ

なぜ、理系の自分が事務系総合職の道を歩んだのか?

一週間空けてしまってしまい申し訳ありませんでしたm(_ _)m
たくさん伝えたいことがあるので、ドンドン更新していきます!

まず、自身が理系を捨てて、なぜ事務系の道に進んだのかを出来るだけ詳しく書いていきたいと思います。
もし、理系で就活しようか悩んでる方がいらっしゃたら参考にしていただきたいです。


基本的には理系と文系の働き方、年収の違いがとても大きいでしょう。

例外があるということは重々承知していますが、

文系=仕事の選択肢が多い 理系=自身の学ぶ専門分野に縛られやすい

このような構図ができあがると考えています。

理系だと、自身の専攻分野外に出て行くことは難しいでしょう。

一方、文系だと就活をして会社を選ぶことによって、自身の極めたいことがリセットできるということが一番大きいのではないのでしょうか?

皆さんそれぞれ専門性を持った学部学科に属していると思いますが、その選択を行ったのは高校3年生or浪人生のときであると思います。

果たしてその時点で自分の将来までプランニングして学校を決めている人が
どれだけいたでしょうか?



少なくとも自身はそこまで先を読める人間ではなかったため、単純に自分の好きな生物(高校生時代の知識での)の勉強をしたいということ。あとはイイ大学がいいなぁーってだけで学校を決めました。

正直なところ、その選択は間違っていたとは思いませんが、その選択で決めたレールに沿って研究者やエンジニアを目指すことには強い違和感を覚えました。


自身の学科では95%の人がそのまま院に進んでいくようです。
もちろん、明確な目的を持って院でやり遂げようとする人もいますが、一方で、「みんな院に進むから何となく自分も進もうかなぁ・・」って人も多くいます。

私はそれでもイイと思います。ただ、それは問題を先送りにしてしまっているだけです。
そのまま行って院生になってすんなり自分の希望先に決まる人もいるだろうし、全く専門外に行ってしまう人も少なくないでしょう。

そうなるんなら、就活した方が絶対に後悔しない!

だからといって、
そんな就活する人全員が就活本に出てくるような、自己分析をしっかり行い、やりたいことを明確化し、それに一番あった会社から内定を絶対もらう!!!

そんな、訳無いじゃないですか…(笑)

大学になんとなく来ちゃった。別に将来特別やりたいことはない。

もしそう思ってるなら就活をすることをオススメします。
予想以上に文系の世界はバイタリティあって、尚かつ首都圏の学生には刺激をもらうことが多々ありました。

その刺激をモチベーションにして、自ら情報を集めて、頭使って自分の将来を考える。
そして、極めたいものをもう一度冷静になってみて考える。それが就活だと僕は実際に1年やって感じました。

別に、理系の研究という閉ざされた世界がイヤでもう逃げたい!!
全然イイと思います。自分は完全にそうでした。むしろその一心でした(笑)
就活の最初なんてそんなもんでイイと思います。最初からこの分野に命をかける!とかいらないと思いますよ。


要は、一度真面目に頭使って将来のこと考えてみようよ! その機会として就活があると考えましょう。

またまた長くなってしまいました・・・
次は、シビアですが理系と文系の収入の違いについて書いていきたいと思います。
スポンサーサイト



テーマ : ■就職活動
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール
こんにちは!理系学部の4年生です。現役の学生です。 今年の初めまで文系の方々と一緒に就活を行い、金融業界から内定を頂きました。

マックリラ

Author:マックリラ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ブログランキング
せっかく書いた以上は皆さんに見ていただきたいです! ご協力よろしくお願いいたします!!

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: