FC2ブログ

就活のライバルと差別化するには? part1

前回までの記事で大まかですが、
自分がどんな状況にいて、どういうライバルがいるのか??

ということが見えてくれればとても嬉しいです^^
就活が始まればより一層見えてくると思います。

その点を踏まえて、ここからは多くのライバルと戦っていくために何をしていけば勝てるのか?
どうやって差別化していくのか?について書いていきます。

始めにですが、就活にあたって、実際に差を付けられる部分ってどこでしょうか?

実は、非常に少ないです。

①エントリーシート(ES)
②面接

当たり前だ!!と言われてしまうとどうしようもないんですが、逆に言うとこれだけです。

ただし、この二つで実際に差をつけるためには、

①ライバルが持っていない情報を得る
②ライバルがやっていないことをやる



これも当たり前だと言われるかもしれませんが、本当にそうでしょうか?
少なくとも、僕は就活をしてきて、この部分に意識を置いている人はあまり見かけませんでした。

例えば、
エントリーシートを書くと言った際に、一体どれだけの人が本屋さんに溢れている“就活本”を参考にして書いているんでしょうか?
よく生協や本屋さんに行くと『売り上げNo.1!!』とかポップが立っていたりしていますが、
どれだけ内容が良くても、その情報に価値が無くなってしまいます。。。

そういった本を買ってきて、
「ふむふむ。○○業界に受かった人のESにはこういったことが書いてあるな!これは使える!!」

とかやってしまう人がたくさんいる訳です(笑)

また、自己PRをする際に、多くの人がサークル・バイトの話に走ると思います。

でも、それは自ら、激戦地に赴くようなものです。
サークルの部長やってました! バイトリーダーやってました!!
って答える人がわんさかいることでしょう。

その中で、目立つっていうのは無茶苦茶大変だってことは当然です。


だから、周りのライバルがやっていることに一度疑問をぶつけてみてください。

自己分析は本当にしなきゃならないのか?説明会に行かなきゃならないのか?

その際に、どうやってライバルと差を付ければ良いのか??

を考えられれば、人と違ったことができると思います。


僕は正直に言うと、自己分析って未だによく分からないし、説明会に行ってもどうせ周りと同じ情報しか得られないし、
説明会で質問する時にはみんな『御社の長所は~』『御社の弱点は~』とか定型句を言う人ばっかりで
なんだこれ?って感じでした。
質問あるなら、説明会後に人事の方を捕まえて、一対一で聞きたいことをばーっと聞くべきです。
そうすれば情報の拡散が防げますから。。。


なので、これからいろいろな就活イベントに参加して、色々な人と出会うと思うんですけど、

どうやったら人と差を付けられる情報が手にはいるかな?

と言うことを常に考えて欲しいです。その情報の全てが使えるとは思いませんが、ESを書く際、面接時に大きな力を発揮してくれます。

というか、そういった考えを持って就活していれば、自ずとどうやって勝つかを考えられるようになります!!
そして、やってきたことが自信になります!!(面接で落ちたら誰でも必ず凹みます!)

実は、このアドバイスは一つ上の先輩に最初に教えてもらったことなんです(笑)
でも、そこをずっと考えながら説明会なりOB訪問していたおかげで
人とちょっと違った思考回路を手に入れられたと思っています!

だから、騙されたと思ってちょっと気にしてみながら就活初めてみてください!

次は、この時期にこういうことやっとけばよかったなぁ~ってことを書いてみたいと思います。
これからもよろしくお願いしますm(_ _)m

…いろんな方々にこの情報を知らせたいです!ご協力お願いします!!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
ブログランキング
 就職活動ブログランキングへ

…今回は完全に先輩から教わったことを流用してみました(笑)
でも、今になるとその通りだったと思います。正直自分から情報を探すことってめんどいです。疲れます。
だけど、それぐらいやらないと人と差別化するってのは難しいことだと思います。
やっぱ、自分から行動しないと自分が使える情報って手に入らないんですよ。。。
ちょっとでも良いんで、記憶の片隅にでも置いておいて欲しいですね^^

テーマ : 就活 就職活動 新卒 就活ポータル
ジャンル : 就職・お仕事

地方大学の就活の現状<大学枠・地域枠について> part2

記事の更新が遅れてしまい申し訳ありませんでした!
内定式も無事終わったのでまたガシガシ書いていきたいと思います!!
この間ブログに来ていただいていた方々ありがとうございました!

それでは、前回からの話を引き継いで行きたいと思います。
この前は、採用人数のからくりを説明しました。決して地方の学生の倍率は高くないということを分かっていただけたと思います。
地方大学の就活の現状<早慶と地方大学の倍率の違い> part1

では、そもそもなぜ地方大学からの採用があるのでしょうか?
単に優秀な人だけを取るなら全員東大から採用すればイイだけのことです。
ただ、実際には、就職四季報から見て頂ければ分かるのですが、どんな大きい企業でも割とまんべんなく全国津々浦々から採用されている訳です。
自分が手の届く企業を見定めることの重要性
そして、数年分のデータを見ると、地方のある大学から0~3人取っていると思います。
また、早稲田や慶応でも20人とか10人とかそこまで差が出ていません。

これは、完全にその大学・地域に対して採用の枠があるということです。
理由は様々だと思いますが、伝統的にそのような慣習が続いている。各大学のOB/OGに配慮している。
あとは、単純に地方の大学にも会社が優秀だと判断する人材が少なからずいる。
採用する人材に多様性を持たせる。
と言った感じだと思います!
東大出たっていっても出ただけの人もいるわけですから・・・


ということで!!採用枠とはどういうことかと言うと、元々、この大学・地域からあらかじめ決めていた人数を採用するということです。

ここで、気をつけて欲しいのはあくまで、『採用数』と『内定数』とは別であるということです。
どういうことかと言うと、『採用数』<『内定数』ということです。

つまり、複数内定をもらう人がいて、他の企業を蹴っちゃう可能性もあるわけです。
うちの大学では毎年5大商社から内定もらっても蹴っちゃう人もいるみたいですし・・・

なので、その点も考慮に入れて若干多く内定を出す場合がほとんどだと思います。
年度によって1人だったり2人いたり、下手したら全員辞退しちゃって0人と言う可能性もあります。

なので、前々回の記事で過去3年分は調べて欲しいと言ったのもそういう理由でした。
当たり前ですが、辞退者が必ず出る以上、入社した人数と内定をもらった人数が釣り合う訳はありません。

しかも、地方だと1人だけだったのにその人が辞退してしまうと、結局誰も入社しない。
だから就職四季報に大学名が書いていないと言う事態が出てきますので、数年分は確認して欲しいと思います。

では、実際にその企業は内定を何人出していたのか?という情報は先輩に聞くしか無いです。
流石に説明会で人事に直接聞くのは難しいでしょうが、その内定者ならポロっと教えてくれるかもしれません。
また、OB訪問して教えてもらうのも良いかもしれません。
書き忘れていましたが、自分の大学からOB・OGが入社しているかも、その企業を狙えるかの一つの目安になるでしょう。
そういった情報は、説明会で人事に直接聞いてもイイですし、大学の就職課などに行けばリストがあると思います。


話がずれました・・・ とにかく、大学・地域枠というものは存在します。就活を始めればそれぞれ色々な情報が入ってきます!
ということはです!

結局はその大学・地域内での勝負になるということです!!

さらに、地方大学は文系学部が少なくて、そもそもの就活する人数は少ないと前回書きました。
この点は今までの記事を読んでもらえれば分かってくれると思います。

地方大学の人たちは首都圏の人たちと真っ向から勝負する必要も無いし、同じ地域、大学のライバルとしのぎあうことになります!
ただ、もちろんこの前のグループディスカッションの様にいろいろな大学の人と勝負しなければならない場合もありますが、それぐらいは大きな観点で言えば大したことないです。その程度で落ちてるようならライバルに勝てる訳もありません。

逆に首都圏の人からしたら、地方大学の人はライバルにはなり得ません。それは自分と同じ大学、また似たレベルの大学の学生とせめぎ合うことなります。
お互いに土俵が違うんです。

しかし、お互いにやることはライバルを分析していくことに尽きます。
それは必ず、自身の差別化につながります。

ライバルに勝つには自身をブランディングして差別化するしかありません。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

どうでしょうか?ここまで頑張って記事を書いてきましたが、
自身がどんな状況にいて、漠然としていたライバルが見えて来ましたでしょうか?
最初から差別化の仕方を書くのは簡単なんですけど、どうしてもみなさんに冷静になって自身の状況を考えてもらいたくて長々と書かせていただきました。

なので!!これからは早速、散々言ってきた差別化についても書いていきたいと思います!
更新してNEWになってたら是非チェックしてみてください!これからもよろしくお願いします!!!


…いろんな方々にこの情報を知らせたいです!ご協力お願いします!!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
ブログランキング
 就職活動ブログランキングへ

…先日やっと東京から帰ってきました!内定式に参加してたくさんの内定者と会うことができました!
チャライ奴からマジメそーな人までたくさんいましたが、総じてみんなイイ人そうなので安心しました(笑)
どうでもイイですが、毎回東京に行くたびに、1人でぶらぶらして観光しています。田舎の人が見て面白いと思うところたくさんありますよ! 皆さんが東京に行く時期になったら適当にオススメの観光スポットとか記事にしてみます(笑) これからも読者の方々を増やし、満足してもらえるように頑張って行きます!ありがとうございました!

テーマ : 就活 就職活動 新卒 就活ポータル
ジャンル : 就職・お仕事

地方大学の就活の現状<早慶と地方大学の倍率の違い> part1

ブログランキングのクリックが右端とこのブログの一番↓にあります。
是非、いろんな人に読んでいただければと本気で思っています!!
ご協力お願いいたします。ホントお願いします。。。

こんにちは!
前回は就職四季報を用いて、自身がどれくらいの企業まで狙うことができるのかを簡単に解説させてもらいました。
まだ読んでいらっしゃらないかたがいましたらそちらから読んでみてください。
自分が手の届く企業を見定めることの重要性

一つ遠回りしてしまいましたが、地方大学の人が首都圏の大手の企業を目指す現状について書いていきたいと思います。
基本的に首都圏、大阪圏を除いた地域から就活する場合については九州からも北海道からもそこまで大きな違いがないみたいです。(一応、いろんな地方大学の人にもあったりして聞いてみました。)

まず、採用数ですが、就職四季報から見ると
大手企業は軒並み一年で良くて2~3人。少ないと1人程度が地方の有力な大学から採用しています。
一方で、首都圏私立は二桁採用とかはざらですよね。。。

では、この1~3人を多いと考えるか少ないと考えるかです。

結論から言えば、意外と多いです。

それは、単純に倍率の問題が言えるでしょう。


例えば、就活に強いと言われている早稲田、慶応を例にとりましょう。
はたして、文系事務職で就活をしている人は何人いるのでしょうか?
早稲田は1学年で約11250人。慶応は約7000人が在籍しています。
そして、おそらく就活をするであろう、文系の学部に所属していている学生は
早稲田は1学年10250人。慶応は5500人です。
このデータはそれぞれの大学のサイト見てくれればすぐ出てきます。

うーん、、、多いですよね・・・
下手したら僕の大学の全生徒=早稲田の1学年の学生ですからね。。。
早稲田、慶応というブランドがありながらもその中での争いはし烈なものになるでしょう。

一方で! 地方のある大学を見てみましょう。
1学年の学生数が2500人程度。そして、就活するであろう文系の学部生の数は、わずか700名程度です。
さらに、この中には地方公務員になったり、女の子で地元で就活する人もいます。

このように考えた際にどうでしょうか?地方大学の就活の倍率の低さが浮き上がってきませんか?
単純すぎますが、100人採用の企業で一人しか採用しなかったとしても倍率は1/700。
一方、早稲田で20人入ったとしても20/10250 要するに1/500ぐらいですかね。
そんなに変わりませんね。
そしてもし、2人入った年だったら、倍率は逆転しているでしょう。

地方大学からの採用数が極端に少なすぎるということはないのです!

さて、ここからは個人的に感じたことなのですが、

地方の大学の学生は首都圏の学生ほど就職に本気で向かい合っていないと思います。
そして、大手志向がそれほど強くないと感じます。
自分の住んできた地域から出たくないということで公務員になる人もいるわけですし。

なので、実質的に大手狙いの人はさらに減ると思います。

また、首都圏行って驚いたのですが、
やはり何かしらイベントをやっていたりとか首都圏ならではの経験をしている人が本当に多いと思いました。
そして、そういう人はスゴイですし、勉強になる部分もたくさんありました。
でも、それは首都圏の学生の全員ではないはずです。

地方の学生の質は『就活』という面から見るとかなり劣っていると思います。
でも『就活ができる』≠『優秀』だとは思いません。

でも別に、就活なんて、準備をきちんとすれば誰でも差別化できるのでそんなに関係ないです。


以上のことも考慮すると、地方の学生の方が、
倍率も低いし、差別化も図りやすいです。
少し、他人と違うことやって、しっかり考えられたら頭一つ抜け出すことぐらい難しくありません。


一方で、首都圏の学生こそ就活に強いライバルがいる中で厳しい競争を強いられると思います。
むしろ、その競争にさらされないのは一橋や東大ぐらいではないですか??
だからこそ、首都圏の学生の方が埋もれないようにすることがとても大変だと思います。


自身の状況を冷静に把握した後は、ライバルの数、実力を把握してみましょう。
その点に気付くことができれば有利になりますし、就活していて精神的にも安定します。

どうやってライバルに勝つための差別化をしていくのかそれぞれ考えてみてください!!
僕もそのための情報をこれからも提供していきますので^^


次は各企業に存在する“大学枠”について書きたいと思います。
スルーしてこの記事をかいてしまいましたが、
ある意味都市伝説的な扱いの“大学枠”は確実に存在しています。
もちろん、人事の方は説明会でそういったものはありません。というと思いますよ(笑)
これからもよろしくお願いします!


…ブログランキングもよろしくお願いいたします!!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
ブログランキング
 就職活動ブログランキングへ

今回は、結構みなさんの盲点になっている部分でした。
ただ、地方大学だから受かりやすいということはあっても準備を怠ってきた人は確実に落ちると思います。
…ブログの訪問者の方もまた増えてきているようで本当に嬉しいです^^ ありがとうございます!
私事ですが、明日から東京行って内定式に参加してきます!今回もどこを観光しようか今から楽しみです(笑)

テーマ : 就活 就職活動 新卒 就活ポータル
ジャンル : 就職・お仕事

自分が手の届く企業を見定めることの重要性

ブログランキングのクリックが右端とこのブログの一番↓にあります。
是非、いろんな人に読んでいただければと本気で思っています!!
ご協力お願いいたします。ホントお願いします。。。


お待たせいたしました。
前回書かせていただいた地方大学についての現状について書いていきます。
この前の記事をまだ読んでいらっしゃらないかたがいましたら、ひとつ前の、地方大学からの就活は大変!・・・なのか?
を読んでみてください。

まず、地方大学の就活は本当に厳しいのか?
僕はそんなことないと思っています。
それはなぜか?

その前に、みなさんどのような大学に通っているかは分かりませんが、
自分がどの程度の企業までなら行けるのかな・・・と考えてみたことはありませんか?

もちろん、就活はやってみなければ分かりませんが、学歴的に難しい会社は東大じゃない限り確実にあるわけで、
そのまま突き進むと、大手しか受けない大手病に陥ってしまい、結局は持ち駒全滅・・・ということになってしまうこともあるわけです。(事実、僕の大学でそういうことやらかしていた人は結構います。)


なので、自身の身の丈を客観的に把握することは大事です。


では、どのようにして自分の大学のレベルが分かるのでしょうか?
ネットじゃ厳しいですね。
一番良いのは「就活四季報」だと思います。
大学の就職課みたいなところ行ったらおいてあるでしょう。

これにほとんどの会社が内定を出した大学、かつ採用人数。そして文理のどちらかがきちんと書いています。
これを見れば、自分の大学の先輩がどれくらい入社しているかが分かると思います。

そして、単年度だけではなく、頑張って3年分ぐらいさかのぼって調べてみてください。
そこで、もし一人もその会社に入社していないということならかなり厳しいですね。というかアウトでしょう。

また、理系の人は理系の採用の人数を調べてみてください。また、院卒しか入っていないのか?学部卒も入っているのか?そこまで調べてみてください。
すると、傾向的に採ってくれそうな会社なのかそうでないのかが見えてきます。

ただし、メーカーの場合は理系の人が事務職で採用されているのかは判断するのは難しいです。
目安として、理系の学部生が受かっているなら見込みは無くは無いと思いますが、
理系の学部生が3年連続で0とかだと、理系からの事務職への就職は厳しいでしょう・・・

なので、興味があるメーカーはこれから行われる説明会で理系の文系への就職を聞いてみてください。
たぶん、メーカーは結構少ないんじゃないかな・・・
また、全ての会社は建て前としては説明会で、事務系総合職は理系も文系も関係ありませんと答えます。

でも、それはおそらくホントに建て前なんでしょうね・・・
私もメーカーに結構エントリーしていたのですが、かなり落とされました。

理系なんて研究でもしてればいいんだよ! ってことなんでしょう。


ネガティブな話題になってしまいました。

一方で、実際に見てくれればイイのですが、
首都圏だけの大学で固めている会社なんてほとんど存在しません。
数は少ないかも知れませんが、地方の大学からも毎年一定数は必ず採用しています。

そして理系についてはメーカーは分かりませんが、
金融、商社、コンサル、通信、ITはかなり採用数が多いです。
理系で事務職を目指して就活する奴なんて、文系の人に比べたらほんの一部のマイノリティーです。
その点を鑑みると、
文系の採用数と比較して明らかに多くの理系の学生が採用されているという傾向にあります。

なので、理系の学生も自分に有利な業界に絞り込めればかなり有利に戦えると言うことです。

ちょっと手厳しいことも書いてしまいました。
でも、自分が手の届く企業を見定めるを本当に本当に大事なことです。
僕ももしメーカーのみに絞って就活をしていたら内定が取れなかったかもしれません。

出来る限り客観的に自分の価値を評価し、それに見合った戦略を立てて行きましょう!



…ブログランキングもよろしくお願いいたします!!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
ブログランキング
 就職活動ブログランキングへ

…ブログ村の大学新卒のランキングで2位まで上がってくることができました!
初めて一週間ぐらいでこの結果はとても嬉しいです!ありがとうございます!
もし、何か聞いてみたいことあれば連絡ください。こっちも記事のネタが一つ増えるので・・・(笑)
毎回文章が少し長くなってしまいますが、なんとかがんばります!!

テーマ : 就活 就職活動 新卒 就活ポータル
ジャンル : 就職・お仕事

地方大学からの就活は大変!・・・なのか?

ブログランキングのクリックが右端とこのブログの一番↓にあります。
是非、いろんな人に読んでいただければと本気で思っています!!
ご協力お願いいたします。ホントお願いします。。。

それでは、日本全国いろいろな地域にお住まいの方が就活する上で気になっている点について話していきたいと思います。
よく、世間的には地方の学生が東京で就活するのは大変!東京の情報をたくさん持った学生と戦わなければならない。
東京に行くのにもお金かかるし、滞在するのにもお金がかかる。
そもそも、東京の企業ってホントに地方の学生採ってくれるの!?
しかも、就活コンサルタント?就活塾ってなんぞ?東京の学生ってみんなそういうのに通ってるの!?


などなど、ネガティブに考えてしまうための要素が次から次へと湧き出てくるかもしれません。
(実際に僕も最初はそう思っていました。しかもなおかつ理系なので、大企業が相手にしてくれるのかと・・・)

そして、大きな企業での就活実績を見た際に、早慶やらMARCHやらの私立大学から地方民からしたら信じられない数の人が内定もらっていて、うちの大学なんか、例年1人とか下手したら2~3年に1人とかざらにあるわけです。
(もちろんこれにはからくりがあります。今度詳しく書きますね^^)

さぁ、大変ですね・・・ でも待ってください!確かにお金がとてもかかるということや、就活の情報通みたいな人になるのは大変です。でも、それと内定をもらうのは別次元です。

地方だからと委縮はしなくて大丈夫です!

地方の学生が首都圏の学生と同じルートを通って内定を目指す必要はありません。
多くの就活性を尻目に多くのライバルを見て差別化を図っていきましょう。

でも、自分から情報を得ようと行動なかったり、どのように差別化してブランディングをはかって行くのかも考えず、就活をしていては他の就活性に巻き込まれていってしまうと思います。

その件については具体的に書いていきたいと思います。

また、首都圏の学生の方にこそ、これから先を読んでもらいたいと思っています。

同じ企業を目指すかもしれない地方の学生がどう考えて就活をしているのか?


そこから首都圏の多くのライバルに打ち勝つ秘策が何か見えるかもしれません。

でも下手したら、地方なんてどうせね(笑)って思ってる人結構いるんじゃないですか?
実際は首都圏の就活生はみんな礼儀正しいので東京の就活セミナーでは大げさに会話してくれると思いますが・・・(笑)

でも、そういうのはグループワークで何度もぶち負かしました(笑)
プライドが高い人ほど考え方が固執します。僕なんてもうプライドかぁ・・って感じでしたから(笑)

一方で、首都圏で仲良くなった就活生から刺激を受ける機会が何度かあり、就活を行っていくうえで考え直す機会を何度も与えてもらいました。今でも本当に感謝しています。

ということで!まずは地方学生の就活の現状と、地方から来て感じた首都圏での就活についてを書いていきます。

繰り返しになりますが、

地方だから大手から内定をもらいづらいことはない!
首都圏の学生とは就活のやり方がかなり異なっている!


これだけは、この場で伝えたいです!
まだ、9月の下旬!ゆっくりゆっくりやっていきましょう!

…よろしければブログランキングの方もよろしくお願いします…(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
 就職活動ブログランキングへ

ランキングも少しずつですが上のほうに上ってきました!クリックしていただいた方本当にありがとうございます!
余談ですが、そのほかの学生の方が書いている就活のBLOGがとても面白くて参考になります!
これからも巷の就活コンサルタントや人事さんに負けないようにブログの順位を上げていきたいですね(*´∀`)

テーマ : 就活 就職活動 新卒 就活ポータル
ジャンル : 就職・お仕事

main_line
main_line
プロフィール
こんにちは!理系学部の4年生です。現役の学生です。 今年の初めまで文系の方々と一緒に就活を行い、金融業界から内定を頂きました。

マックリラ

Author:マックリラ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ブログランキング
せっかく書いた以上は皆さんに見ていただきたいです! ご協力よろしくお願いいたします!!

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: